AtCoder Beginner Contest 114

はい。
https://atcoder.jp/contests/abc114

A - 753

PyPy3

x=int(input())
chk=[7,5,3]
print("YES" if x in chk else "NO")

7,5,3のどれかではないかを調べる。if文で条件沢山書くよりは in 配列とかで確認するのが楽だと思います。

B - 754

PyPy3

s=input()
x=len(s)
ans=10**9+7
for i in range(x):
    ans=min(ans,abs(753-int(s[i:i+3])))
print(ans)

ループ回して余裕なので調べます。必要なトコをスライスしてintでキャストして753との差の絶対値を調べます。

C - 755

PyPy3

t=["0","3","5","7"]
s=["3","5","7"]
n=int(input())
ans=chk=0
for a in t:
    for b in t:
        for c in t:
            for d in t:
                for e in t:
                    for f in t:
                        for g in s:
                            for h in s:
                                for i in s:
                                    x=str(int(a+b+c+d+e+f+g+h+i))
                                    y=set(list(x))
                                    if ("0" not in y) and (len(y)==3) and (int(x)<=n):
                                        ans+=1
print(ans)

9桁までの3,5,7を使っている数を全部調べてます。9重ループで。。これいつか書き直します。。。

D - 756

PyPy3

def sol():
    n=int(input())
    e=[0]*(n+1)
    for i in range(2,n+1):
        cur=i
        for j in range(2,i+1):
            while cur%j==0:
                e[j]+=1
                cur//=j
 
    ans=0
    for i in range(n+1):
        if e[i]>73: ans+=1
 
 
    for i in range(n):
        for j in range(i+1,n+1):
            if e[i]>23 and e[j]>1: ans+=1
            if e[i]>1 and e[j]>23: ans+=1
 
    for i in range(n):
        for j in range(i+1,n+1):
            if e[i]>13 and e[j]>3: ans+=1
            if e[i]>3 and e[j]>13: ans+=1
 
    for i in range(n-1):
        for j in range(i+1,n):
            for k in range(j+1,n+1):
                if e[i]>3 and e[j]>3 and e[k]>1: ans+=1
                if e[i]>3 and e[j]>3 and e[k]>3: ans+=1
                if e[i]>1 and e[j]>3 and e[k]>3: ans+=1
    print(ans)
 
if __name__=="__main__":
    sol()        

殆どはpdf解説資料のコードを利用してます。
Nの階乗の約数を知るのにN!がいくつなのか、9!が362880というのはそれほど重要な情報ではないです。多分。。。
9!=362880は、27 x 34 x 5 x 7です。これは上のコードでは配列eの中に入っています。
あと七五数は、p74, p24 q3, p14 q4, p4 q4 r3 のいずれかの時に成立するようです。なので素因数分解で調べておいたものからpqrが違う数で必要な個数が使えるものがあるかを全部調べて数える個数が解になるはずです。
pdf解説ではlambdaでさっくりと求めているようです。lambda式覚えましょう。